韓ドラ日記:なじらて~?

10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12

このページの記事一覧

キレイな男 13話 

IMG_20150818_142106.jpg

今回は2人の女神とお別れ~。そして最後に衝撃の展開が!ふふふ。
今思ったけど、キレイな男のあらすじを書き終えたら次は何のドラマを?
見てるドラマは2本しかないけど既に1話毎なんて書けないもん。
かといって新しくドラマを見るほど余裕もないしなぁ。はて困ったわ。
韓ドラ日記なのに全然違うネタで過ごしそうだ....(汗)

本日はあたしの永遠のスター、晃司の誕生日!おめでとう!
そして他にはSMAPの中居君!おめでとう!
で、さっきしったけどBIGBANGのG-DRAGONも誕生日なんだって?
結構沢山いるんですなぁ。みんな素敵な1年になるといいね!

昨日息子の学生ズボンをクリーニングに取りに行ったわ。忘れるとこだったわい。
よろしかったらポチっとお願いします。


○13話
ユラは動揺を隠して出て行く。不思議がるマテ達。
ホンランは弁護士からダビデの株が合法なために手出しができないと聞く。
マテの存在を利用しようと企むホンランはマテと連絡を取るが相手にされない。
グィジ父は拘束されてしまう。取り調べの相手はイ・ギム検事。
その頃、グイジは記者会見を行っていた。自分は後ろ盾のある女だったが
それ以外何もない女だと気付いたと話し出す。その様子をネットで見るマテ。
IMG_20150818_142046.jpg

グィジは不法贈与されたすべての相続を拒否しますと宣言した。
家に戻ったグィジ。マテから夕食の招待を受ける。
前回と違ってちゃんとエスコートするマテに二度と会わないのでは?と聞く。
どうせ他の条件を満たしてないからいいと笑う。料理も取り分けてあげる。
何故優しくするのか不思議がるグィジ。マテは子供だと思っていたが
いつの間にか大人になってて賞賛したいからと微笑む。
グィジは留学して有能なデザイナーになると言う。マテはいつか自分に
一着作ってくださいと頼む。二人はグラスを合わせる。
ユラはホンラン兄の息子に連続小説を自分のネタで書くよう要請する。
それは彼女が調べたホンランの人生小説。タイトルは欲望。
ボトンはマテにユラの態度から暗号と関係があるのでは?と懐中時計を返す。
マテ達が会社で会議をしているとSSグループの秘書が来て明日の理事会に
参加するように言う。会長によりマテが代表理事に任命されたのだった。
イ・ギム検事が検察庁長に任命されたと知りお祝いに行くマテ。
ホンランは秘書からSSグループの次はMGが狙われてると聞く。
そこである人物に連絡を取ってイ・ギムの情報を探るように頼む。
会長とムンスはある料理屋へ。そこへダビデがやってきた。
慌てて帰ろうとするが止める会長。そしてお前の兄だとムンスを紹介する。
ムンスにはお前の座を守った弟だと話す。ダビデは経営には興味がないから
警戒しなくていいですとムンスに言う。
その頃マテとホンランも会っていた。先日の社長解任はダビデが会長の庶子で
彼が守ったと告げる。驚くマテ。今頃会長と息子二人で会っていると話す。
そしてマテにDNA鑑定を受けて自分と手を組めと提案する。
そうすれば持ち株も手に入るしユラに捨てられるよりあなたを守ると言いだす。
ショックなマテは検討するとだけ言うが時間がないと言うホンラン。
その後ユラに会いホンランの提案の話をするマテ。ダビデの事を隠してたから
心が揺れると言いだす。そしてユラとホンランは似ていると言う。
家で考えているとボトンがやってきて第一印象が大事だがおじさん達には
反感を買いやすいマテのために理事会用のネクタイをプレゼントする。
ブランド物ではなく商店街で買ったといい呆れるマテだが受け取る。
結局ボトンの選んだネクタイをつけて理事会に出席するマテ。
IMG_20150818_142136.jpg

しかし理事たちの質問のあれこれにタジタジになる。
疲れて戻るマテに声を掛けるボトン。机には経営のノウハウ本。お飾りじゃなくて
本物のCEOになるには勉強!ファイティン!と出て行く。
ある女性がお祝いの花をメッセージと共にイ・ギム宛てに送る。
届いた封筒には少し前にハッキングした犯人のロゴマークが。
イ・ギムは中身を見るとカッターナイフの写真がでてきてショックを受ける。
男子トイレで二人の男性がイ・ギムが検事を辞めたという話をする。
近くで掃除をしていたのはメッセージを送った女性。
携帯に電話して入金をお願いする。彼女が第7の女で情報を握るヨミム。
マテはそのニュースをカーラジオで聞き慌ててイ・ギムに電話する。
ギムが家のドアを開けるとマテが立っていた。
IMG_20150818_142157.jpg

彼女は10年前にある少年の犯罪の証拠品を隠ぺいしたのだった。
その後ちゃんと更生した彼だが自分はいつも恥ずかしい思いをしたと。
正義はその過程も正義でなければならないと言うギム。納得するマテ。
ボトンの母の誕生日を祝うみんな。ボトン母は前の家も売れたし
隣に家を借りれたのでボトンもそこへ住むように言う。
驚くダビデは出て行かなくてもいいと言うが世間体もあるし家も近くなるからと
いうボトン母に何も言えない。
ギムはユラに袋を渡しながら自分の欲望のために罪のない青年を巻き込むのは
どうかしらと告げる。袋の中はマテの髪。調べても庶子はダビデだけで
マテは会長の庶子ではないと言う。しかしほくそ笑むユラ。
マテはホンランの部屋にきていた。ホンランの提案は受けないと断る。
ゴミからスタートしたのに簡単にその座につくのは虚しいし、金や権力には
興味はなく平凡な父と息子が望みだからと言う。
これからはSSホームショッピングのトッコ・マテとして注目されますと笑う。
自分には失うものはないからと言って出て行くマテ。
ダビデと今後の経営について話すマテ。百貨店ではなくテレビ通販のみにして
売りはブランド品。国内にはまだ知られていないブランド品を発掘して
既存のブランド店とはSSの独自のブランド品を提案するつもりというマテ。
なかなかのアイディアに提案書を作ると言うダビデ。
ホンランは美容院で面白い小説をお読んでるという客の話を聞く。
それはある女性が兄弟を蹴落としてのし上がる企業の話と聞き調べる。
その後、ホンランはユラに会いに行きその小説の話をしだす。
IMG_20150818_142241.jpg

ユラは笑ってクライマックスの話をする。夫の庶子が訪ねてくるが
その女性は冷酷に踏みにじる。しかしその青年は実は捨てた子供だったと。
そしてとどめにマテがホンランの懐中時計と同じものを持っていると教える。
衝撃を受けるホンラン。そしてユラはMGの座を降りればこの事は伏せるけど
マテがこの事を知ったらどんな選択をするのか心配だと言いだす。
ホンランは会長にマテは..と切り出すと君の息子だと言われてしまう。
彼女は生まれたばかりの息子に懐中時計を持たせて捨てた事を思い出し号泣する。
マテの携帯にホンランから時計の事で話があるとメールがくる。
ホンランに会いに来たマテ。同じ時計をバックから出すホンラン。
そしてマテにあなたがMGの庶子じゃない。私が捨てた息子だと言う。
驚くマテはホンランを見て固まる。
IMG_20150818_142303.jpg

やっぱりマテはホンランの子供だったかー。
しかしなんで会長がマテをマテ母に預けたのかしら??
その辺はまぁ追々わかってくるか。
それにしてもユラが段々怖くなってくるわ~。迫力あるというか。
マテが庶子じゃなかったからどうするんだろ?
でもマテの事をそんなに嫌いじゃなさそうだしなー、うーむ。
マテはちゃんと成長しててよかったわ。
後ろ盾と権力の女を卒業したので次は情報を握る女を攻略ね。
しかし残りの3人をあと3話で攻略できるんですかね???
そうそう、メガネ男子グンちゃんの素敵ショットがあったんで
今日はこれでお別れよ~

IMG_20150818_142212.jpg

スポンサーサイト

カテゴリ: キレイな男

[edit]

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokotoko1919.blog.fc2.com/tb.php/846-5025f735
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)