韓ドラ日記:なじらて~?

07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

このページの記事一覧

イケメンバンド 8話 

IMG_20141101_085109.jpg

男同士の気合い入れってなんか素敵よね!
あいつを見返してやるぜ!って意気込みがよく出てます。
またね、キョンジョンがいい子なんだよ。
ちゃんとビョンヒの分ってもう片方の手を差し出してるんだ。
癖のある男の子ばかりっぽいけど根は優しい奴らなのねん。

今日は息子も娘も代休。息子は中間テストも近いので
がっつり勉強するように言っておいたけどはてさて?
娘は友達の家にお泊りに行ったけどもう帰ってきたかな?
息子は最初妹がいなくて喜んでいたけど夜になると
一緒にゲームできないからつまんねーとぼやいてた。
...よく喧嘩してるけど結構仲がいいよね、君たち....
私は仲裁しなくていいから楽ちーーん!

最近のOSTはイケメンバンドと主君の太陽。いやーどっちも癖になるわ~
よろしかったらポチっとお願いします。



○8話
出て行く5人に気が変わったら連絡をというスンフン姉。
その後スンフン姉は先輩に電話してみてもらいたい子がいると話す。
ウギョンは話を聞いて3人にジヒョクの足を引っ張ってと怒る。
たしなめるジヒョクは先に帰る。声をかけるスアだが気付かない。
ゆで卵をぶつけようとすると急に振り返るのでしゃっくりが出る。
ジヒョクは反対に卵をとりあげスアのおでこにぶつける。
眼球浄化の契約の話が学校でも話題になる。5人はそれぞれ悩む。
スアは練習室でスンフンと会い正式につきあえないと話す。
好きな奴がいるのかと聞くとそうみたいと立ち去るスア。
ドイルは悩むジヒョクにお前だけでも契約しろと促す。
ジヒョクはビョンヒの曲を出すには魔女(スンフン姉)が必要だと言う。
練習場に集まり、みんなにもう一度ちゃんとした演奏を魔女に見せて
ダメならあきらめようと話す。
そこへ知らない男が急に立ち上がりあきらめが早いなと言い驚くみんな。
IMG_20141101_085043.jpg

ドイルがロック・キムじゃないのか?というが信じないみんな。
楽器を売って解散したくなければ死ぬ気でがんばろうと合言葉を叫ぶ。
学校ではピョジュの態度が悪くキム先生が叱りつけ廊下に転がす。
ジヒョク達は慌てて先生を止めるが運悪くその様子が動画でアップされる。
練習場で演奏も完璧になってきたので魔女に見せようというジヒョク。
そこへ本人がやってきて5人で契約してまずシングルを出そうと言う。
ドイルは残り3人の実力も認めたのかと聞く。
スンフン姉は先輩(ロックキム)がバラバラにするなと言っていたので
一応認めた事にすると話す。契約には親が同伴と言われ嫌がるみんな。
スアはジヒョクを待ち伏せ。牛乳を渡して先日の卵のお返しをする。
そのまま逃げるスアを笑いながら追いかけるジヒョク。
しかしそこへみんなが祝賀パーティーをやりにやってきた。
スアも誘うが関係ないと言って彼女を置いてみんなと部屋に戻るジヒョク。
ウギョンはスアに向けるジヒョクの笑顔にショックを受ける。
キム先生は結局休職6か月を言い渡される。
契約のため事務所にきたヒョンスと両親。イェリムがヒョンスの手を取り
大丈夫だったのねと声をかける。母が驚いてサインをねだろうとする。
IMG_20141101_085130.jpg
いや、いや、この二人からヒョンスが産まれるって...奇跡だろ!
ハジンは母、姉3人と、キョンジョンは釜山から母がやってきた。
ドイルも父が手下と一緒にやってきたがジヒョクだけ親は現れず
同意書を弁護士から渡される。
スンフンが覆面作曲家のリュだったとネットニュースが流れる。
ドミはスアが知っていたので文句をいうが眼球浄化の契約の事は
知らなかったスア。
スンフン姉に自分は父の事は怖くないと電話で答えるスンフン。
そこへピョジュとマルがきてデビューするには何が必要かなと尋ねるが
バンドは高校の思い出でデビューは一人ですると言う。
裏切られた気分のピョジュとマル。
練習場でチキンを食べてお祝いするメンバー。しかしスンフンの事で
盛り上がらない。スアと付き合ってるかもと言う言葉に帰るジヒョク。
スアが帰ってくると諦めきれないスンフンが待ち伏せしていた。
スアの手を取り話しているとその手を離せとジヒョクが割り込む。
二股と言われても仕方ないという言葉に頭にきたスアは疲れてるし
二人とも関係ないから帰ってといい部屋に入る。
ジヒョクも家に戻るがウギョンがやってきてあの女はダメだと言う。
ビョンヒのミューズだったし他にメンバーに何ていうのと。
休職中のキム先生は運転代行のバイト。依頼主はロック・キムで
なんと昔一緒にバンドをやっていた仲だった。
次の日、スアはジヒョクを学校でも無視する。悩むジヒョク。
帰宅しないスアを心配して電話するが出ないためバイト先へ向かう。
お店が終わって出てくるスアはもう振り回されないと冷たく言う。
背を向けて帰ろうとするが自分に向けさせるジヒョクは
「俺も正しいのかわからない。お前が好きすぎて」と告白する。

おおお!とうとうジヒョクが告白した!!!バレバレでしたけどね。
スアもちゃんとスンフンに言えたからよかったね。
しかしこのタイミングで付き合ってもすれ違いになりそう。
なんせジヒョクはデビュー間近ですもん。
それにしても無事5人で契約できてよかった。やっぱりそうじゃないと。
もう契約に集まった親子が超面白かったわ~。
その反面スンフンは他のメンバーとは険悪な雰囲気。
仲間がいるいないでは乗り越えたい時の想いが異なると思うぞー。
ま、マルはまだいいけどピョジュは嫌な奴なんで縁切ってもいいが。


スポンサーサイト

カテゴリ: イケメン<美男>バンド

[edit]

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokotoko1919.blog.fc2.com/tb.php/643-741b3378
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)