韓ドラ日記:なじらて~?

09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

このページの記事一覧

花ざかりの君たちへ 視聴完了しました 

花ざかりの君たちへ (美しい君へ) 韓国ドラマOST (SBS) (韓国盤)花ざかりの君たちへ (美しい君へ) 韓国ドラマOST (SBS) (韓国盤)
(2012/09/27)
韓国TVドラマサントラ、ジェイミン 他

商品詳細を見る


この週末に無事全話みました!
詳しいあらすじでもと思ったけど全部みたら別にいいかと。(笑)
ざっくりあらすじで十分いけると思うのでそれは続きで書きます。
全体的にほんわかした楽しいドラマでしたね。
キュンキュンとかあんまりしなかったけどああ、こういう事されると
嬉しいよねぇとか、そういう行動とっちゃうかーとか
子供たちの成長をみてるような感じだった。あ、ちゃんと面白かったよ。
でも1年後のあれはもう少し成長度がほしかったかも....

明後日からお盆休みだよ。帰省するから韓ドラ見れない~
よろしかったらポチッとお願いします。



○7話~最終話まで

結局カナダには行かずに韓国に残るテジュン。
ハンナはジェヒが女だと知るが黙っている代わりにTVでテジュンと交際宣言。
怒るテジュンだけどハンナが練習で足をくじいて体操ができなくなる。
しかしハンナはテジュンがジェヒを好きだし、ジェヒがいい子なので黙ってあげる事に
テジュンとは別れたということにする。
で、テジュンをねたむヒョンジェは自転車のブレーキに細工するんだけど
ジェヒが気付いて強引に乗っていって最終的にウンギョルが助ける。
でもそれで足を怪我して代表選手から外れてしまう。
ショックで実家に戻るけど迎えにきたジェヒと寮に戻りそして告白する。
女だと言えないジェヒ。二人の関係が気になるテジュン。
ヒョンジェは今までの事をテジュンに話し謝罪する。よきライバルとなる。
テジュンの父が倒れてしまう。ジェヒは二人を仲直りさせる。
母の死でテジュンが知らなかった事実を教えて父の誤解が解ける。
しかしウンギョルがジェヒが女だと気付いた。
騙されたし告白しても本当の事を言ってれなかったジェヒを許せなくて
無視するウンギョル。落ち込むジェヒはサンチュのところへ。
そこにテジュンもやってきたので女だと告白する。
テジュンはジェヒを抱きしめてお礼と女だと知っていたと話しジェヒが好きだと言う。
ウンギョルはテジュンは知っていたとわかり裏切られた気分。
その頃男子校なのに女子がいると噂になっていた。調べ始める寮長達。
ロッカー室で着替えるジェヒを間一髪で助けるウンギョル。
ジェヒにもう一度チャンスをくれとデートに誘う。
デートの最後にはっきりと断りテジュンの元へ行くジェヒ。
2日後の大会ため先に会場へ行くテジュンにジェヒはキスをする。
陸上練習後、倒れたジェヒが女だとみんなにばれてしまう。
スンリは他の寮長に頼み秘密にしてもらう。
ジェヒは退学届をだし、試合は見ずにアメリカへ帰る事にする。
大会の前の日にテジュンに会いに来たジェヒ。楽しい時間を過ごし
バスに乗る前に抱きつくジェヒに明日と言って別れるテジュン。
翌朝、早くに部屋をでるジェヒ。寮のみんなが見送ってくれる。
サンチュを散歩させていたウンギョルがきていつか復讐しに行くと笑って別れる。
試合会場にこないジェヒが気になるテジュン。
ウンギョルからの電話でジェヒがアメリカに戻ると知る。
追いかけようとするがジェヒの日記を見てそのまま会場に戻る。
バスの中で隣の人が大会を見ていたので見せてもらうジェヒ。
テジュンは2m31を飛んで優勝する。インタビューでテジュンは
「ジェヒ!待ってろよ。必ず行くから」とカメラに向かって言う。
泣きながらうなずくジェヒ。

1年後。
アメリカに住むジェヒはウンギョルから動画メールをもらう。
ペク先生とイ先生は結婚するらしい。
スンリはハンナと仲良くはなっている。
ミヌは学校を辞めてファッションの勉強でパリに行ったらしい。
そしてテジュンはどこかに旅行に行ったと話す。
テジュンは元気なのかと思うジェヒは手帳を落す。
拾おうとすると誰かが近づいてきた。顔を上げてみると
そこにはテジュンがいた。
「必ず行くと言っただろう」と言うテジュンにジェヒは抱きつく。


以上、さくっとしたあらすじです。
テジュンが見守る姿、やきもちを焼く姿は可愛くもあり素敵だった。
が、残念ながら堕ちなかったわ...
ウンギョルはずーーっといい子だった。可愛かったもんね。
男を好きになったと悩む姿も可哀そうではなく可愛かった。
が、こちらにも堕ちず。
ジェヒは背も結構あったので男の子の中にいても違和感があまりなかった。
でも顔見りゃ女だけどね。唇もつやつやピンクだしさ。
そうそう後半ヒョンジェとテジュンがよきライバルとなって
力を合わせていく姿はよかった。
そしてスンリ先輩!まさかハンナとくっつくとは!
あたしは前半はウンギョルだと思ってたんだけどねぇ。
そうだ!ジェヒ達に担任!彼女ミヘギョルの時も同じこと思ってたね。
フルハウスの人だったわ!あーすっきり!
全体的にさくっと見れるドラマでしたが心に残るかというと微妙。
なんでだろなー?ま、疲れた心の時にはオススメかもね。
さて、次のラブコメは....もう決まってる~

スポンサーサイト

カテゴリ: 花ざかりの君たちへ

[edit]

TB: 0    CM: 4   

コメント

かずゆいままさん、こんにちは!

1行1行、うん!うん!と共感しながら読ませてもらいました~
テジュン、ホントにかっこいいな~と思いながら見てたけど
同じく最後まで堕ちることなく、あくまで客観的に!
ウンギョルも、最後までいい子だったよね~
全体的に明るいから、叶わない恋でも切なさゼロだったし(^^;)
ジェヒも、今までの数ある男装物語の中では、一番男に近かったかな~
私も、このドラマ見終わった時は、楽しいラブコメだった~と高評価だったのに
時間がたつと、スッカリ忘れてる~(^^;;)
かずゆいままさんの言う通り、心にはあまり残らない楽しいラブコメ!に1票(^^)

tomo #- | URL【2014/08/11 15:13】edit

tomoさんへ

tomoさん、こんにちは!

> テジュン、ホントにかっこいいな~と思いながら見てたけど
> 同じく最後まで堕ちることなく、あくまで客観的に!

だよね。やっぱり若過ぎるから?!さわやかすぎてハマれなかったのかな?
でもあたしは苦悩顔で惚れるタイプだからかもね。

> ウンギョルも、最後までいい子だったよね~
> 全体的に明るいから、叶わない恋でも切なさゼロだったし(^^;)

そうなんだよね。切ないモードなはずなのに可愛さが全面にでてたわ


> 私も、このドラマ見終わった時は、楽しいラブコメだった~と高評価だったのに
> 時間がたつと、スッカリ忘れてる~(^^;;)
> かずゆいままさんの言う通り、心にはあまり残らない楽しいラブコメ!に1票(^^)

ぷぷぷ。ちょっと辛い評かと自分で思っていたけどtomoさんも同感みたいだから
よかった。でもあたしたち似てるからね~(笑)
でもほんとさわやかだったね。....それしかもう思い出せん(笑)

かずゆいまま #- | URL【2014/08/12 10:34】edit

キュンキュンしたいです

そうそう サクッと観終わったドラマでしたねっ
私は 漫画が好きだったので あらすじは同じでも ちょっとしたところで 「んんーン(−_−;)」って 不満に思ったりしました
ポイント ポイントの インパクトが 無く ダラダラ〜っと 進んでいったように思います

内容に不満なのは 『 花より男子』です
でも ミンホ君に メロッたので 彼見たさに 楽しかった💓
日本の漫画の韓国ドラマでは やはり 漫画のキュンキュンが 得られません
だから 別ドラマ(似ているだけ) と思って 観ています
(その点 台湾ドラマは ほとんど(服までも) 同じで 安心して(笑) 観れますけど)
結局 私の中では 「俳優にキュンしなければ 再放送は観なくてもいい!程度のドラマ」となるようです

今 トンイをまとめて 観ていますが やはり 長過ぎ!
元々 時代劇は苦手・恨み復讐は嫌いなので あと10話 続くか心配ですが 代わって観たいドラマもなく 退屈な毎日です
せっかく 5日間の連休なのに…
高校野球とソフトバンクホークスのプロ野球で終わりそうです 😥

きゃさりん #- | URL【2014/08/12 13:49】edit

きゃさりんさんへ

きゃさりんさん、ごめんなさーい!
返事が遅くなっちゃったわ!!!

こちらは漫画も読んでたんですね?私は読んでなかったので
そのうち漫画喫茶に行ったら見てみようかな?
最近は息子の送迎の時間つぶしで行ったりするから。

花より男子は後半はつらい視聴だったなぁ。つくしのお友達のラブで
持ってたようなもんだった。(笑)
ミンホも格好よかったよねぇ。あたしはそれでは堕ちず個人の趣向で
堕ちたけど(笑)

同じく時代劇&復讐は私も苦手なんですの。トンイはそっち系なんだ?
でもきっと今は終わってるんでしょうね?
新しいドラマを見てるかな??私も今はひと段落でーす。

高校野球!今日はわが新潟の日本文理が逆転勝ち!俄然面白くなってきた!!

かずゆいまま #- | URL【2014/08/21 15:31】edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokotoko1919.blog.fc2.com/tb.php/587-76777695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)