韓ドラ日記:なじらて~?

05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07

このページの記事一覧

主君の太陽 8話 

主君8-7

スタイルがいい二人だよねぇ。ヒョジンさんは足も長くてさ。
ミニスカートがとってもお似合いでうらやましいです。
7話あたりからあたしの心を捕えて離さない展開ですわ!
なんつーか若返る!って感じ(笑)
別にジソブしーにはまってるとかいう訳じゃないのに(失礼)
おそらくストーリーとキャラと映像があたし好みなんでしょう。
うわー、久々どっぷりきた!パスタの時もこうだったなぁ。
やっぱりヒョジンさんのおかげ?!

避難訓練の「おはしも」って知ってる?昨日理解したわ、あたし。
よろしかったらポチっとお願いします。


○8話
お前は俺に気を使わなすぎると言い、手をつなぐのは親しい間柄
頬を触るのは何してるの?と思われるので違うと説明する。
気を付けますと了承するテヤン。
送ろうと言うが断るテヤンにカン・ウに見られたら親しい間柄だと
言ってやると強引に手を握り送っていく。
主君8-1
最近はチュグンの方から触ってる気がする~

カン・ウはヒジュの写真を見てテヤンが関係あるかもとチュグン父に電話をする。
親がいなければ孤児院で会ったかヨーロッパに行った事があるか調べるようにいう。
しかしカン・ウがテヤンの事を気になっているならやめてもいい
心が正直になれない時は痛みが教えてくれるからと伝える。
整理するから大丈夫だと電話を切るカン・ウ。
その後、テヤンのために買ったぬいぐるみを捨ててしまう。

家に戻ったチュグンはテヤンに豆腐を食べてと言われたのを思い出す。
主君8-2
でた!絶対豆腐を食べるんだよね!これも韓ドラの定番!

豆腐はないが見た目が似ているチーズを食べる。
主君8-4
ちなみにテヤンはちゃんと豆腐食べてた!
主君8-3

夜中テヤンに偶然会ったカン・ウは好きだと言うのは誤解だといい
「正直になれない時は心の痛みが教えてくれる」と話す。
主君8-5

ショックなテヤンは勘違いしてごめんなさいと言う。
その後整理したと言うカン・ウは走りに行くが辛そうな顔をする。

キングダムの経営するホテルのプールに幽霊がでると噂が。
レーダーの出番だとテヤンの元へいくチュグンだがテヤンの目のくまを見て驚く。
水幽霊の話をするが一番苦手なので絶対近づくのは嫌だと言い張る。
あまりにも怖がるテヤンに何も言えない。
何かいい方法はないか考えてホテルの招待券を渡す。
友達と行けばいいと言うと姉と行くと喜ぶテヤン。
姉はハンジュに声をかけてカン・ウも連れてきてと頼む。

カン・ウはイリョンを呼び出し、テヤンの事を調べるように頼む。
そしてヒジュのいた孤児院へ向かう。丁度チュグン叔母とキム室長が
訪ねていてキム室長はカン・ウが建物に入っていく姿を見る。

当日、一人先にホテルにくるテヤン。ロビーにいるとチュグンがいた。
ご馳走してやると一緒に食事をする。
トイレで従業員が社長がプールを貸し切ってサプライズすると噂していて
まさか自分のため?と思うテヤン。
2時間後にプールでと別れて部屋に戻ると社長からと服を受け取る。
感激するテヤンは着替えてプールへ。
花火もあがりうれしくなるが、チュグンが電話でプールの幽霊を調べると
話しているのを聞いてサプライズじゃなかったんだと気付く。
慌てて部屋に戻って自分の服に着替える。
カン・ウの言葉を思い出し、何故心が痛いの?と自問自答する。
主君8-8

姉はハンジュとホテルに向かう途中元彼氏に遭遇する。
お金を貸していたらしく後を追いかけていく。
しかし彼の元には妊娠してる女の人がいて車の中で号泣する。
慰めるハンジュ。

なかなか戻らないテヤンを迎えに行く時支配人にサプライズの話をされ
誤解させたと気付く。フラれたのかと従業員に思われているテヤン。
服を着替えたテヤンを見つけ手をひこうとするチュグン。
主君8-9

幽霊もいないしみんなが見てるからと拒否するテヤン。
ここには怖い人の目がありお前の方が心配だという。
主君8-10
誤解するような事をするからとうつむく彼女に
水幽霊が怖いというから悪いと思って準備したと正直に話すチュグン。
理由を知って機嫌を直すテヤン。
チュグンは腕を組むようにするがそれは親しい間柄じゃないと断るテヤン。
しかし周りの従業員を見てフラれたとは思われたくないからと照れながら
腕を組んでプールに向かう。
プールにいても幽霊が現れないので帰ろうとするチュグン。
テヤンはプールを覗き込み、もう少しで幽霊が近づくというところで
チュグンが危ないだろと腕を掴む。すると水音がして幽霊が現れる。
テヤンはおばさんの幽霊だけど化粧したりシャワー浴びたり食事を
していると報告する。最後にスイートルームに入っていく。
死んだとわかってないのでは?と部屋に入り説得するテヤン。
しかし当選のチケットを見せられてしまう。
支配人を呼んで顧客名簿を確認する。死んだのではなく意識不明の状態。
病院では姑、夫、娘がなんで目覚めないと文句を言っていた。
このままだと本当に死んでしまうので話をするテヤン。
納得した幽霊は最後に花火が見たいとオシャレをする。
テヤンにも着替えるようにいい3人でプールへ行く。
主君8-12
幽霊を話してると周りに思われないように腕を組んであげる優しいチュグン

花火があがり無事自分の体へ戻っていった。
幽霊が楽しんでるか聞くチュグンに自分の想いを幽霊の気持ちとして伝える。

カン・ウはイリョンにテヤンの事を調べてもらい地下鉄に乗るが
変装したイリョンも乗り込んでくる。
そこで乗客がイリョンの噂話をするので怒って変装をとく。
囲まれるイリョンを助けて電車から降りるガン・ウ。
嬉しいイリョンは付き合おうっていうが速攻で嫌だと答える。
頭にきて騒ぐイリョンはまたもや人に囲まれてしまう。
手を引いてイリョンを群集の中から救い出して走るカン・ウ。
主君8-11
こんなことされたらもっと好きになるよねぇ。
ネットにそのことがアップされイリョンは嬉しそう。

次の日、中国に1週間出張するチュグンはテヤンに話すべきか悩む。
しかしキム室長にもう知っていると聞かされ、冷たいやつだと文句を言う。
するとキム室長は「答えは心の痛みが教えてくれて、答えが出た。
社長から離れる準備をしている」と話していたと告げる。
主君8-14

その台詞を聞いたときチュグンの顔色が変わる。
その言葉はヒジュがよく言っていた言葉だったからだ。
テヤンに誰から聞いと問い詰めるとカン・ウだと言われ
カン室長に彼を調べるように言う。そういえばヒジュの施設で
見かけたと言われ、採用した叔父の元へいく。
チュグン父の差し金だとわかったチュグンはカン・ウを呼び出す。
父の差し金かと聞くチュグンに正直に話すカン・ウ。
ヒジュは犯人の仲間と思っていてあなたを守るように言われていると。
しかしチュグンは事件直後に犯人の顔を見てないのかと聞かれた時
父が身代金を払っていないのでは?と思っていた。
15年も経つのに気になるのはどうしてか俺の前にきて説明しろ
俺は俺で調べていると伝言するように言う。

テヤンは社長室に書類を届けにきた。そこでヒジュの幽霊を見る。
チュグンが戻ってくると座り込んでいるテヤンを心配する。
しかしテヤンがヒジュがくそ女の理由を話してくれたという。
いつかお前はあいつが犯人の一人だと知るだろうと思っていたと
共犯者は誰だと聞くが、その人を守りたいから言えないと話したと言う。
動揺するチュグンは机を握りしめる。テヤンは黙って出て行こうとする。
しかしチュグンは「行くな。こんな姿をあいつに見られたくない
お前はあいつが見えるから、傍にいて俺を守ってくれ」と頼む。
主君8-17



テヤンが切ない~!!!そしてカン・ウも切ない!
しかしながらイリョンは全然切なさを感じない!何故だ?(笑)
今回は「心が正直になれない時は痛みが答えを教えてくれる」の言葉を
ヒジュが使ってたというけどチュグンの父親からカン・ウは聞いてるわけで...
うーん、これも謎のひとつだな。そもそもとーちゃんがなんでヒジュの友達と
一緒にいるのかもわかんないしさ。
そしてチュグン!やっと自分の弱みをテヤン見せれるようになってきた!
ここでぐぐぐって距離が近づく....のか?
それにしてももうツボポイントがありすぎで画像が多いわ~


スポンサーサイト

カテゴリ: 主君の太陽

[edit]

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokotoko1919.blog.fc2.com/tb.php/539-bad7454a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)