韓ドラ日記:なじらて~?

07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

このページの記事一覧

主君の太陽 7話 

主君7-1

暗くてわかるかしら?やたらめったらテヤンが触るので
チュグンが触ってもよい部分を決めましてよ。(笑)
手首から肘までがテ・ゴンシルゾーンだそーです。
実はこの7話。すっごい好きなの。
今までみててこの回はあたしの萌えポイントがバンバン入ってます!
おかげで画像とりまくり!困ったわ~。
なのでかなり画像多しのあらすじになってます。ごめんちゃい。

今日は娘っこの授業参観なんだよねー。午後から学校だわさ。
よろしかったらポチっとお願いします。



○7話
寝ているテヤンに近づくチュグン。しかし書類を置き手を叩いて起こす。
約束は?と言われカン・ウの事を思い出すテヤン。
店を出るとお土産にペアの扇子をもらい一つをチュグンに渡すが
お揃いはいらないと言われてしまう。
そして肘から手までがテ・ゴンシルゾーンとしていつでも触ってよいが
それ以外はダメだと約束させる。
キム室長が迎えに来たがチュグンはテヤンを置いて車で帰る。
確認書の話をきいてキム室長はテヤンに文字が読めない事を話したと知る。
テヤンは慌てて劇場に向かう。カン・ウはイリョンに社長を監視するため
テヤンに近づいたと説明して誤魔化していた。
やってきたテヤンにミュージカルより行きたい所へ行こうと言う。
特に行きたい場所がないテヤン。なので漢江に行こうと誘う。
本当は水辺は幽霊がでるので嫌だけど仕方なくつきあうテヤン。
案の定幽霊に付きまとわれる。
主君7-2
チャリの脇で走る幽霊がゴールしたいって訴えてるらしい

仕方ないのでカン・ウに買い物を頼み他の人も巻き込んで
幽霊の頼みを聞いてあげる。

家に戻ったチュグンはテヤンのデートが気になり不機嫌。
思わず電話をしてしまう。幽霊に会って怖かったテヤンは喜ぶ。
主君7-3
実はデートがうまくいかなかったと聞いて嬉しいチュグンなのだ。

人形を拾った弟がご飯も食べないので心配な兄がテヤンに助けを求める。
薬を探している時に母親が帰ってきてほっとする。
しかし3人の子供の幽霊を見て彼らの仕業だときづく。
人形に隠れたためそれを持って出勤する。
怖いため社長の部屋に置こうとするがダメだと言われる。
それより昨日は銃を向けられたんだから心配するのが普通だと言われ
自分が社長を心配してもいいのかと喜ぶ。社長のおかげで自分の頭痛薬も
少しでよくなったのであげますと薬を置いて自分の仕事場へいく。
キム室長は具合が悪いため1日テヤンに秘書を代わってもらう。
会議中、テヤンは仕事中のチュグンの横顔に見とれる。
主君7-4
恋に堕ちた瞬間なんだろうなぁ。だってチュグン恰好いいもん。

しかし幽霊を見てしまい固まる。その様子を見たチュグンは
さりげなく席を立ち、テヤンの肩に触れて幽霊を追い払う。
主君7-5
すっかりテヤンの事を心配するチュグンになっちゃって。うふふ。

その様子を見て二人の仲を確信するチュグン叔父。

社長室の望遠鏡が気になり覗くテヤンに何を見てるか教えるチュグン。
主君7-6
何気に密着してるんですけどーーー!!!(ツボポイントその1)

主君7-7
ちょっと意識しちゃってるテヤンよ!

そしてお前はシェルターが男だと気付いてないし、コンクリートの壁のように
扱ってると文句を言う。部屋を出ると社長は大理石ですと言うテヤンに
最高級の大理石なのに特別なレーダーのためにこのゾーンを貸してると
言い放つ。
主君7-8
壁に追い込んで話すシーンがこれまたたまらん!(ツボポイント2)

デパートではある子供がカバンを無くして母親に怒られる。
そこに子供の幽霊が現れ、テヤンの部屋からあの人形を持ち出させる。
気付いたテヤンだが親子はそのまま帰ってしまい、心配なテヤンは
監視カメラからその親子を調べて連絡先を聞く。
しかし電話するとカバンを見つけてと一方的に切られてしまう。
カン・ウがカバンを見つけて部屋に届ける。後で一緒に行こうと言う。
一人になって子供の描いた絵をみたテヤンは慌てて出ていく。
チュグンが探しに部屋にくるが留守。スケッチブックの絵を見ると
そこには虐待されている子供の絵が描いてあって驚く。

家に戻った母親はしつけだといい傘で子供を殴りつける。
テヤンは母親が家を出た隙に中に入り子供を探す。
幽霊の子供がでてきてクローゼットを差す。慌てて子供を助けて
病院へ行こうとするがそこへ母親が帰ってきてもみあいになる。
しかし子供を連れて玄関からでるとそこにチュグンがいた。
何も言わず子供を受け取り病院へ向かう二人。
子供の体には虐待された跡が沢山残っていた。
子供の幽霊は同じような境遇で亡くなったため仲間を探していた。
謝るテヤンに成仏していく三人。

カン・ウはテヤンのためにぬいぐるみを買い、彼女の仕事場の机の
引出に入れてあげる。

母親の通報でチュグンとテヤンは警察に連れて行かれる。
キム室長は母親に幼児虐待で通報したと言い、母親も連れて行かれる。
画像は撮らなかったけどこのキム室長が恰好いいんだ!

一方留置所に入れられた二人。慣れてるテヤンに怒りを鎮めるチュグン。
主君7-10

キム室長がきて釈放される。チュグンはテヤンの頭に傷があるのを見て
病院へ連れて行く。そこに来たカン・ウは二人の様子を見てショックを受ける。
そのまま会社へ戻りテヤンの机からぬいぐるみを回収する。
そしてそこに入っていたヒジュとネックレスの写真を見て驚く。

テヤンと歩くチュグン。暑がるので扇子を渡そうとするが
お揃いが嫌だったと気付きやめる。しかしチュグンが奪い取る。
そしてお前はよくやったと褒める。嬉しいテヤン。
顔をそむけたので幽霊がいると思ったチュグンはテヤンの手を握る。
幽霊じゃないからと手を離すテヤンだがご褒美だと言う。
いつもと違うチュグンに「社長、なんか変です」と背を向ける。
チュグンはテヤンを振り向かせ、お前を避けようと思っていたが
行く所まで行く。俺の傍にいさせてやると言う。
テヤンは最近レーダーが何か変だと伝える。
だから腕を掴めと手を差し出すがテヤンはチュグンの頬を触る。
主君7-14

「社長は私がこうしても何ともないでしょう」と話すが
「お前は本当に俺が大理石だと思ってるのか」とその手を
自分の胸にあて「そんなわけないだろう」と言う。
主君7-15


え!!チュグンってば愛の告白?!どうなのー!?
とまぁ、またいいところで続くなのねん。
最後のシーンもあたしのツボポイントなんですけどね。いひひ。
もうどれをとってもツンデレチュグンがテヤンの事が気になっているんですが
まず、言葉にしないし、本人の前で態度も出さないのよね。
しかしキム室長はなんやら感づいていいアシストするんだわ。グッジョブ!
テヤンはやっとチュグンへの恋心が芽生えたようですよ。
後はいつ確かめ合うかですがそれまでの過程も楽しみだなぁ。

さて、ツボポイントですけど、あたし壁に追い込む系がかなり好き!
なので今回もそうなんだけど思い出したシーンがあったのであげとこーっと。
イケメン9-15
ご存じ、美男ですねのテギョンとミナム!
あの時もウホ!って思ったんだよねー。ああ、テギョンすてき~!!!
あれ?最後はなんか違う話になっちゃった。



スポンサーサイト

カテゴリ: 主君の太陽

[edit]

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokotoko1919.blog.fc2.com/tb.php/538-aedabb97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)