韓ドラ日記:なじらて~?

07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

このページの記事一覧

主君の太陽 2話 

主君2-2

ドラマを見始める前は不思議なタイトルだなぁって思ってたけど
主人公のあだ名をくっつけてるんだね。
主君がチュグンで太陽がテヤン。なるほど。
あと、やたらテヤンがチュグンにくっつくのでこれはジソブファンはやきもきしそう。
あたしはヒョジンさんが好きなので全然気にならんけどねー!

つーか、ヒョジンさんってば熱愛発覚なのー?!おめでとー!
よろしかったらポチっとお願いします。


○2話
もたれかかるゴンシルを起こしてチャ・ヒジュの事を聞くチュグン。
へソンといた木の所で見たと話し、自分は幽霊が見えると言う。
驚くチュグンはここにもいるのかと聞くとゴンシルは揺れている椅子を差す。
だけどチュグンに触れると幽霊が消えるから傍にいたいと話す。
金目当てと思うチュグンは拒否する。
チュグンに幽霊が見えるのがどれほど怖いかと言うが
お前の方が怖いとわざと椅子を揺らす。しかし帰ろうとすると
その椅子がまた止まって驚く。
チュグンにあだ名は「テヤン」だと教えるゴンシル。

つーことでここからゴンシルをテヤンと書くね。

カン・ウは歓迎会でチュグンが若い頃に恋人を亡くした話を聞く。
家に帰ると立ち去る社長と屋上に立つテヤンを見つける。

ある学校ではクラスでこっくりさんをしていた。
呼び出すのは事故で亡くなった同級生のウンソル。
しかし途中で中断する。その後3人の同級生の携帯に写真が送られてくる。
しかもそこには幽霊らしきものが映っていて怖がる3人。
その写真がネットに出回ってしまう。場所はキングダムの噴水。
チュグンはその場所で清掃をしているテヤンを見つける。
彼女は社長のそばにいたくてここで働く事にしたのだ。
嫌がるチュグンはクビだと話すが、それよりここに幽霊がいるかと聞く。
テヤンはいないと言うがTVで取り上げられてしまう。
幽霊はチュグンの誘拐未遂事件で亡くなった元彼女では?と紹介された。

おっと!この司会役の人はシティーハンターの義父さんだ!

あの幽霊は彼女じゃないと言うテヤンに一緒にご飯をたべる兄弟が
探してみたらと言うのでショッピングモールへ出かける。
あちこちで探すも該当する幽霊は現れず、そこへカン・ウがくる。
一緒に探してあげるという彼に無理だと言うがそこへ女学生達がくる。
4人見えるがカン・ウが3人だというので1人があの幽霊だと思う。
カン・ウが声を掛けたので逃げる女学生。

その頃チュグンは誘拐事件の現場にキム室長とやってくる。
本当に犯人を見なかったのかと聞く室長に見なかったと答えるチュグン。
次の日テヤンがチュグンに会いに行き幽霊がわかったと話す。
解決したら清掃員を続けさせてくれと頼む。
そのまま学校へ出向き教室に飾られているウンソルの写真を差し
あの子だと話す。担任に話をきいてもらう二人。
主君2-1

実はウンソルは少しおっちょこちょいで3人の友達はうんざりしていた。
いつもお昼代は3人にジュースをおごる事で誤魔化していた。
事故の日、3人で過ごすといいウンソルを追いやったが
またジュースを買ってきて誤魔化すんじゃと話していたのを聞いてしまい
ショックをうけて帰るウンソル。その様子をウンソルが忘れた携帯を渡そうとした
同級生がみていた。失意のまま帰るウンソルはそのまま事故に会って
亡くなってしまったのだった。心霊写真はその同級生の仕業。
それを知った3人は掴みかかって喧嘩をはじめる。
テヤンはウンソルはそんな事望んでないと近づこうとするが止めるチュグン。
そのまま帰ろうとする。このままではだめだとテヤンはウンソルの携帯からメールを送る。
そこには傍にいるから何でも話してと。3人は泣きながら謝る。
すると自販からいつもウンソルが買ってたジュースが落ちてくる。
テヤンは成仏するウンソルに手を振る。チュグンは置いて帰る。
ショッピングモールに戻ったテヤンはキム室長からそのまま
働いてていいと言われ喜ぶ。
噴水の幽霊はいつの間にか願いを叶えてくれると噂に。
おかげで集客も増えてチュグンも喜ぶ。

叔母が過去の事件の事でチュグンを心配するが平気だという。
実は監禁されていた時にヒジュがやってきて悪かったわと話し
ヒジュが犯人の仲間だと気付いたのだった。
それは誰にも話していないチュグン。
テヤンが掃除していると結婚式を壊した人物だと知り
名前を確認するチュグン叔母。
その後、カン・ウがやってきて家に一緒に帰ろうと誘う。
主君2-3

他の掃除員につきあっているのかと騒ぎ立てられ照れるテヤン。
その様子を見ていたチュグンはテヤンに声をかける。
チュグンの辛い過去を知っていたらヒジュの事は言わなかったと話す。
チュグンはもしヒジュを呼べるなら言いたい事があると言うので
「何を?」と聞くテヤンに「くそ女」と言い放つ。
主君2-4


やっぱり面白いからあらすじも長くなってしまうわ。
今回は過去のチュグン誘拐未遂事件もわかりましたな。
そっかヒジュは犯人の一味だったのか!しょーげき!
テヤンが幽霊を見ることができるって半信半疑のチュグンだけど段々信じてきたね。
テヤンはとにかく幽霊を追い払いたいからやたらチュグンにスキンシップするので
なんかドキドキするわ。何故かチュグンも顔を近づけてテヤンに話すし。むふ。
それはなんとなくチュグンも気になるからかしら?
だってカン・ウと仲良くしてるのを無視できないじゃない!!
そしてカン・ウはチュグンを監視してるようですが依頼人は誰じゃ?


スポンサーサイト

カテゴリ: 主君の太陽

[edit]

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokotoko1919.blog.fc2.com/tb.php/532-f935c92a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)