韓ドラ日記:なじらて~?

05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07

このページの記事一覧

私も花 11話 

私も花11-4

うーん、こうやってみるとシユン君は十分大人の男っぽく見える!
となりのイケメンでは子供っぽいのにね。
今回はジェヒの色んな顔が見れてこれまた満足の1話ですぞ。
苦悩顔や泣き顔もいいけどやっぱり笑顔が一番かな?

今日は息子は学校行事でBBQだそーだ。おにぎりだけ持っていきました。
よろしかったらポチっとお願いします。


○11話
ジェヒを無視して服を取りそのままパトカーへ戻るボンソン。
追いかけてきたジェヒはそのまま助手席に乗り込む。
やりきれないボンソンはパトカーを飛ばす。
耐え切れずジェヒはファヨンの夫でありアインの父親を殺したと真実を告げる。
車を停めて泣き出すボンソンを抱きしめて謝る。
私も花11-1
やっと言えたよ~。よかった、よかった。

その後カフェで当時をの話をするジェヒ。過失なのにそこまで
面倒みなくてはいけないのかと言い立ち去るボンソン。
次の日ダルを呼び出し車に乗せるファヨン。パーティーがあるから
ジェヒと来るように言うが録音してると気付き怒って車から降ろす。
ファヨンとの打ち合わせ後に家を出ると言うジェヒ。チャ巡査のせいかと
尋ねるが自分の考えだと話す。嫌だがとりあえずパーティーには出る事に。
ボンソンはテファの事務所を訪ねてファヨンとジェヒの関係を聞く。
そこへファヨンが現れてテファは追い出されてしまう。
ファヨンはジェヒと別れるように言うが拒否するボンソンに認めないと言う。
テファはこんな事をしてファヨンのやり方は支持できないと告げる。
会社の部屋の壁をペンキ塗りしているジェヒの元へボンソンがやってくる。
両手を広げて抱きしめてあげるというボンソンに恐る恐る近づくジェヒ。
私も花11-2
ペンキがつかないように気を使うジェヒが可愛い!

頭をなでながら色々あったけどあなたが悪いんじゃないから泣かないのと言う。
苦笑いにジェヒは何かあったのか聞くが何もないと答える。
すぐではないが家をでるというジェヒ。お金持ちになると色々な障害が
でてくるが普通のままでいたいボンソンに努力すると約束するジェヒ。
私も花11-3

ボンソンが帰ると今度はダルが携帯を返してほしいとやってきた。
家にあるから後で取りに行くと話す。さっききてた女が彼女?と尋ね
写真を見せてというが二人で撮った写真がない事に気付く。
ジェヒの見てない隙にわざとペンキをかぶりうまく家に乗り込むダル。
シャワーを浴びる前に服を貸してくれと頼む。
部屋を見渡すと反対の部屋にファヨンがいるのを見つける。
お互い目と目で会話する。
服を借りシャワーを浴びたダルはジェヒを誘惑するがかわされてしまう。
私も花11-5
人差し指でおでこを押すジェヒがウケる!

荷物をまとめたジェヒはここに泊まってもいいと出ていく。
ダルはファヨンの元へ行き一緒に暮らしてるのかと尋ねる。
しかしイラついてるファヨンは質問するなと怒ってしまう。
次の日、派出所にピザを持って現れるジェヒ。恥ずかしがるボンソン。
2階でピザを食べる彼女にカイロを次々と出して渡す。
その時ファヨンから自作自演の事件の記事がでたと電話がかかる。
会社に戻ると女警察官の証言だというのでファヨンはチャ巡査だと言うが
そんなはずはないと記者と直接会う手配をするジェヒ。
記者はボンソンと一緒の時にインタビューをといった人だった。
インタビューする代わりに記事を取り下げると言うので了承する。
その後、ボンソンに会いに行き「こいつめ」と頭を軽く叩く。
文句を言うボンソンに明日の2時にペルケのHPを見ろと言って帰る。
次の日、ジェヒはネットを通じて挨拶をする。今まで一人で頑張ってた
パク社長にお礼をいい、これからの方針とテファの相談室を開設すると言う。
最後にボンソンに向かってあの日に食べたご飯は一生忘れないと言う。
ボンソンはそのメッセージを聞いてうれしい。
画面をみてたファヨンは悔しくて涙を浮かべるが平気なふりをして
パーティーに行こうとジェヒに電話する。
テファも同行し会場に入るが興味のないジェヒは失礼な事ばかり。
ダルもやってきてテファを見て驚くがジェヒにやきもちを焼かせようと
仲良くするが「お似合いかも」と反対に言われてしまう。
ボンソンにもうすぐ行くと電話をするジェヒ。わかったと返事して切る。
その時ダルの洗濯物の中にジェヒが着てた服に似た男物を発見して驚く。
慌ててダルに電話をするが丁度トイレに入っていてジェヒが電話に
でてダルさんは今出られませんと対応する。慌てて電話を切るボンソン。

最後はお互い「?」って表情だったから気がついたのかな?
いやー、それにしても無事二人がまたラブラブになってくれてほっとした。
ペンキ塗りでボンソンが来たあたりのシーンはニヤニヤしながらみてた。
あとダルがめっちゃ誘惑してたのに顔色変えずにかわす姿も素敵!
とにかくジェヒはボンソンの事が好きで好きでたまらないってのがいいわ~
あたしもあんなに思われてみたい!!!(もう無理だけど)


スポンサーサイト

カテゴリ: 私も花

[edit]

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokotoko1919.blog.fc2.com/tb.php/521-0326a768
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)