韓ドラ日記:なじらて~?

09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

このページの記事一覧

愛するウンドン 視聴完了しました 

ウンドン

キャスト
チ・ウンホ/パク・ヒョンス … チュ・ジンモ
ソ・ジョンウン/チ・ウンドン … キム・サラン
チェ・ジェホ … キム・テフン
チョ・ソリン … キム・ユリ

【あらすじ】(Amazonより)
韓国でトップスターのパク・ヒョンス(チュ・ジンモ)。
俳優として人気を博した彼は、突然自叙伝の出版を発表する。
その目的は、初恋の人“チ・ウンドン"を捜すこと。
ヒョンスはウンドンと、10代の頃、運命的に出会いながらも突然離れ離れに。
20代で再会するも、また彼女は姿を消してしまう。
芸名をウンドンの名に近い“チ・ウンホ" として俳優活動をすれば
彼女が気づいてくれるのでは、と彼女を思いながら10年間過ごしていた。
その自叙伝の代筆を頼まれたのは、優しい夫ジェホ(キム・テフン)と
かわいい息子がいる、ソ・ジョンウン(キム・サラン)。
ジョンウンは、ウンホの音声データを聞きながら代筆するが
まるで彼の思い出に入ったような錯覚に陥る。
さらに彼のウンドンへの言葉に、不思議な感情が生まれ…。

つーことで愛するウンドンを週末に見終わりました。
気が付けは旦那ちゃんも飛ばし飛ばしで見てましたよ。
記憶が戻ってから何だかちょっとあたし納得できない気分でして。
なんていうかメインキャラの誰にも共感できないドラマだったわ~。
唯一のほっこりはマネージャー、社長あたりかな。
とにかく脇キャラで息抜きできたのはよかったわい。
そいではネタバレ感想は続きで。

今日から娘っ子は期末テスト!朝勉もしっかりしてた!えらいわ~
よろしかったらポチっとお願いします。


記憶が戻ったウンドンは夫には冷たく、ウンホ一途でしたね。
でも自分が人妻で子供もいるって立場なんだよ。
ウンホもわかってるはずなんだろうけどとにかく強引。
俺はずっと愛してるんだって感情が最優先でさぁ。
37歳の男としてどうなの?ってちらちら頭をよぎってしまった。
仕事そっちのけでウンドンばかりなのでねぇ。
社長やマネージャーの事も考えてくれよ~って思ったけど
それはあたしだけかしら?そこは一途なウンホを応援すべき?
あとウンドンもさぁ、ジェホに騙されて10年夫婦やってたから
彼に対する愛情が冷めるのはわかる。でも子供は別だろ?
とにかく家族よりウンホ中心なのがこれまたうーんって感じだった。
この点があたしも旦那も納得のいかないポイントだったかも。
でもさ、二人が燃えるのもわからんでもないし
この二人を好きなったジェホとチェ室長の気持ちもわからんでもない。
ただ、そこまでするか??って思って好きになれなかったねぇ。
IMG_20170220_075706.jpg
元はといえば旦那が拒絶されたウンドンを無理やり拉致って
事故を起こしたのが原因だからなー。
IMG_20170220_075731.jpg
チェ室長はウンホが手に入らないなら屈するまで圧力かけるとか言って。
なんでお金持ちのお嬢様ってこういうタイプなんでしょう?

何か愚痴ばっかりになったけど視聴はストップせずに見れたのは
そこそこ気になる展開で面白かったんだと思う。
メインキャラより脇キャラがよかったからかな??
一番笑ったのは浮気がバレた社長に奥さんがキックをかました時。
あれ、かなり大笑いしたわ~
マネージャーの彼はウンホがほんと好きなんだってわかったし
IMG_20170220_075804.jpg

何といってもウンドンの息子のライルがすんごいいい子でさぁ。
IMG_20170220_075637.jpg

あんないい子がぐれちゃったらどうしようかとドキドキしたわ。
最後までいい子でよかった。そこはジェホがいい父親だったって事よね。
とにかくライルのシーンでは結構泣かされた私です。

やっぱりあたしはちょいちょい回想される子供時代が一番好きでした。
おかげでげんなりしててもそのおかげで復活してたもん。
最後もちゃんと彼らのシーンがあってよかった。
IMG_20170220_075928.jpg
IMG_20170220_075905.jpg
ほら、大人になった二人より全然可愛くていい感じだわ~
私的に初恋主義のドラマはあんまり好きじゃないけど
韓ドラはこの手が多いから仕方ないねー。
ともあれ苦手な純愛ドラマでしたがそこそこ楽しく視聴できたかも。


スポンサーサイト

カテゴリ: 愛するウンドン

[edit]

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokotoko1919.blog.fc2.com/tb.php/1190-7b8570b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)