韓ドラ日記:なじらて~?

10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12

このページの記事一覧

キルミー・ヒールミー 23話 

IMG_20161214_130536.jpg

やっぱり23話は画像撮る前に消してたよ~。
でも辛うじて2枚だけあったんでそのうちの一つをアップ。
リオンとヨナの絡みがあったのに残念!!
まぁ、これでもうドヒョンとリジンの気持ちは固まったよね。
辛い過去の記憶を共有して二人で進んでいくって。
リオンは切ないけど兄妹だからどうしようもないしな。

とうとうがっつり雪が積もりました。峠は除雪車でてたし。
このまま一気に冬になるかと思ったらまた天気は回復するみたい。
こんな感じで正月までいけばいいのに。ま、無理だけど。
会社も廊下が寒いから部屋から出たくないよ~

息子、受験勉強逃避中。のだめにハマって漫画読んでるわ。むきーーー!
よろしかったらポチっとお願いします。

○23話
リジンの頬に別れのキスをするヨソプ。部屋に来たリオンは焦る。
ヨソプを突き飛ばすとヨナが現れ驚くリオン。
迫るヨナに思わずリジンに助けを求める。どちらに寝かせるか
じゃんけんして勝ったリオンは大喜び。むかつくヨナ。
リオンに夜這いしようとするヨナを紐で結んで一緒に寝るリジン。
目覚めるとドヒョンに戻っていた。
名前のおかげで20年以上離れていたけれど繋がってた気がする。
別れる方が辛いからそばにいてほしいと言うドヒョン。
見つめ合うドヒョンとリジン。そこへリオンが来たので
慌てるドヒョンはヨナのフリで帰る。しかしリオンにはバレていた。
会社の役員会議で株主総会の委員長としてドヒョンが現れる。
驚くギジュンと役員達。会長の祖母には自分のやり方でやると言う。
アレックスからギジュンにロッカーの鍵が届く。
また、本家の火災時に消えた子供がいてドヒョンはその子の戸籍を
もらったと知るギジュン。リジンが本物のドヒョンと知る。
ドヒョンの秘書兼、秘密の主治医として戻るリジン。
二人の仲の良さに一言釘を刺すアン室長。リジンに自宅待機をお願いする。
ギジュンと再会するリジンは僕と手を組めばスンジンの大株主になれると
言われて慌てて断るリジン。
ファックスでドヒョンが解離性同一性障害と知るギジュン。
アレックスに会いに行くドヒョンは俺が金を払わなければお前は
ギャンブル依存にならなかった。もう金は払わないという。
そして秘密を暴露すれば友人として殴りに来ると言って帰る。
アン室長にアレックスの依存症を治す治療と監視を頼むドヒョン。
アレックスはドヒョンの言葉を聞きロッカーの場所を電話で教える。
ロッカーを開けるギジュン部下。しかし中身は空っぽ。
アレックスはアン室長に場所を教えていたのだった。
中身は解離性同一性障害を扱った映画のDVD。
亡き祖父とソヨンは事故でないかもしれないと情報を得るドヒョン。
2人を憎んでる人物はと考え祖母と会って話を聞く。
私は関与していないと否定する祖母。株主総会でドヒョンを有利にするため
チェヨンを呼んでいた祖母。二人きりにさせる。
株主総会であなたに付くと言うチェヨン。しかし好きな人がいるし
自分は解離性同一性障害だと教えるドヒョン。チェヨンはショックを受ける。
ドヒョンとお酒を飲むリオン。縁を切る約束を守れなくてすみませんと
謝るドヒョン。リオンはリジンにとって良い兄でいると決意を話す。
ドヒョンと別れリジンに兄を辞めると言われることが一番怖かったと
言われた時に自分の恋心を封印すると決めた。
だから一生頼れる兄貴になると心の中で誓うリオン。
IMG_20161214_130503.jpg

リジンを家の前で待っていたドヒョンは帰ってきたリジンにタメ口で話す。
声はチャ君なのに口調はシン・セギねと笑うリジン
そんな彼女に必ず幸せになろうと言うドヒョン。

リジンの前では気のいいお兄ちゃんであり陰では見守る男、リオン。
本当なら自分が彼女を一生守っていきたいと思ってるんだよね。
愛する人としては無理だから家族として見守る決意が切なかったわ。
でもリジンが決めたことには反対する気もないし、ドヒョンならと思えたから
身を引くことにしたんだろうなぁ。ああ、男だねぇ。
きっと素敵な子にであえるよ。ヨナとお似合いだけどね(笑)
ドヒョンもリオンの思いを知ってるからこそリジンを大事にするだろうな。
いいなぁ。こんな二人に想われるリジンが羨ましい!


スポンサーサイト

カテゴリ: キルミー・ヒールミー

[edit]

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokotoko1919.blog.fc2.com/tb.php/1145-5f1994e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)