韓ドラ日記:なじらて~?

05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07

このページの記事一覧

キルミー・ヒールミー 4話 

IMG_20161025_075946.jpg

セギのせいでナンパして振られたことになってるリジンのために
頑張って恋人のフリをするドヒョン。かーわーいいー!
リジンもその気もないが演技しててウケます。
ちょっと切なかったり重かったりしてもこうやって息抜きポイントがあって
ほんといいバランスのドラマですな。

さて、昨日帰ったら息子が衣替え...ではなく模様替えしてた。
でもなんか狭くなった感じがしましてのー。自分でもそう思ったようで
娘っ子使ってまたベット動かしてた。つーか、娘っ子戦力になるんだな。
今度から力作業で二人使っちゃおーーっと。
その娘っ子。今LINE通話でグループで会話できるじゃん。
それしてて、途中DSのモンハンのソフトを探しにきてさ。
なんか会話しててみんなでやろうって事になったらしい。
てっきりガールズトークしてるかと思ったら男子トークだったわ!

旦那の車が車検だよ~。また出費が...もうせつないわ。
よろしかったらポチっとお願いします。


○4話
シン・セギと、ドヒョンの言葉を思い出しあなたの名前はと聞くリジン。
とりあえず脱出しようと協力して見張りを倒すがリジンがまた人質になる。
フェリー・パクの爆弾を見つけ今度こそ爆発するぞと脅してリジンを助ける。
爆発し気を失うリジンを抱え脱出するドヒョン。
IMG_20161025_074358.jpg

ジャケットを持ってるリオンの元へ向かう男たち。待機してた警官に捕まる。
リジンが褒めた小説のシーンは薬を服に隠している内容だったので
危険を察知したリオンだった。
IMG_20161025_074341.jpg

リジンを病院に送り出会ってしまって申し訳ないとリジンに謝る。
慰謝料と治療費を払うようアン室長に命じて病院を後にする。
役員会議に遅れて出席し挨拶をするドヒョン。
IMG_20161025_074426.jpg

ドヒョンの怪我に気が付くギジュン。
遅れたドヒョンを平手打ちする祖母。お前の父はお前を助けるため
意識不明になったから、息子が社長になるまでスンジン財閥を守れと命じる。
その頃ドヒョン母は祖母が隠してた意識不明のドヒョン父の病室を見つける。
リジンが病室へ戻ると贈り物やハートの風船が大量にあって驚く。
ギジュンはドヒョンの行動を調べるように指示する。
ソク医師と話してるアン室長は部屋に来たリジンが精神科医と知る。
ソク医師の部下なら俺の変化に気が付いたかもと考えるドヒョン。
知り合った男性が多重人格かもしれないとソク医師に説明するリジン。
シン・セギという名前でドヒョンの事だと気が付くソク医師。
解離性同一性障害で7歳から1年間の失われた記憶の中に原因があるはずだが
家族の協力は期待出来ない。別人格たちの尻拭いのため11年間孤軍奮闘
していると聞かされるリジン。
逃げ出す患者のホ・スッキを追いかけるリジンはドヒョンと再会する。
名前を尋ねるとこの顔とこの目つきの僕はチャ・ドヒョンですと答える。
IMG_20161025_075851.jpg

病院内ではリジンがナンパされフラれた男が来てると噂になっている。
みんなの誤解だけは解きたいとドヒョンに頼む。セギのせいだとわかり
恋人のように振る舞い院内のスタッフと話して誤解を解いてくれるドヒョン。
スタッフに頭を下げる姿を見てソク医師の言葉を思い出すリジン。
IMG_20161025_080005.jpg

ドヒョンはシン・セギから頼みごとをされていないかリジンに聞く。
自分を消すために近づいていたとしたらと考えるドヒョン。
頼まれてないというリジンにセギとの出会いを聞かされる。
人の命令を聞かないセギがリジンの指示に1度だけ従った。
セギの初恋は彼女なのかもと考えるドヒョンは自分を避けるよう頼む。
もし会ったらそれは僕ではないので殴り倒してくださいと言う。
リジンと会話中、セギの存在を感じる。
IMG_20161025_080023.jpg

爆発からリジンを助けるドヒョンが恰好よかったです~。
セギは怖いけど強引な男でその悪さが魅力ですが
ドヒョンは優しさの中に強さもありそうでなかなかいい感じ。
うーむ、これはどっちがいいか悩み....ます??
リジンはまだ巻き込まれた感が強いので愛情は芽生えてないけど
どこでどう変わるのか楽しみですな。
この二人は秘密でも共演してますがキャラが全然違う。
こっちのキャラでもお似合いですわ~


スポンサーサイト

カテゴリ: キルミー・ヒールミー

[edit]

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokotoko1919.blog.fc2.com/tb.php/1113-f5809e75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)