韓ドラ日記:なじらて~?

04« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»06

このページの記事一覧

傲慢と偏見 22話 

傲慢

あと4話だというのに止まったままでした。しつれー。
しかもだーーいぶ記憶も薄れてきたし段々さらっとあらすじとなりそう。
それでも1話ずつ書いてるのはこれだけですしねぇ。頑張る。
そんでもって次のあらすじも悩みますなー。

息子はあと1か月で引退なんだけど完治してなくてねー。
昨日顧問と話す事があって一応試合にはでれないけど
仲間として部活に顔だすようにしようという事に。
なんだかんだとあっという間の2年ちょいでしたな。

娘っこの読書本に武士道シックスティーンを借りてきた。結構面白いらしい。
よろしかったらポチっとお願いします。


○22話
アルムはチャンギと白熊の弟に捕まって車の中にいた。
カン・スと一緒に彼女を助け出すドンチ。
アルムからパク・マングンが15年前の特捜部の件は自分が子供を殺したから
うまく行ったと話してたと聞く。動画にそれが入っていたと知るドンチ。
ドンチだけがアルムの居場所をわかるようにして彼女を匿う。
ドンチ父が白熊を殺したと自首しにくる。驚くドンチ。
ムン部長に自分がやったと話すが釈放の条件はアルムを連れてくる事。
しかしスンベまでドンチ父がやったのを見たと目撃証言をいいだす。
結局ドンチが自分が鉄パイプで殴ったて殺したかもしれないと自白する。
ドンチ、ドンチ父はどちらも自分がやったといって譲らない。
IMG_20160413_145346.jpg

カン・スは自分を守るための正当防衛だと訴えるが子供の証言は
証拠にならないと一蹴される。
ムン部長はドンチにネクタイピンを見せてドンチ親子以外にビョル殺害の
犯人がいるかもしれない。父親を留置所へ行かせて自分で調べればいいと言う。
しかし今度は二人とも自白を撤回してしまう。
怒ったムン部長は殺人の共犯で二人とも起訴して拘束する。
しかしヨルムが起訴状を取り下げてしまう。
巨大な敵には逆らわないつもりのムン部長に国を裏切って善良な市民を
苦しめる者を罰するのが自分達検事であるといい協力をお願いするドンチ。
ヨルムにネクタイピンの持ち主を調べるよう頼む。
IMG_20160413_145553.jpg
スンベがアルムを見つけたと聞きつけカン・スとドンチは居場所へ向かう。
しかしスンベの手下たちに囲まれアルムの居場所を白状しろと言われる。
ユ係長がやってきて手下達を捕まえる。スンベの逮捕状を請求する。
手下たちはイ検事に任せる。なかなか口を割らない手下たたちにユ捜査官は
スンベの指示した内容を早く話した2名を釈放すると言いだす。

イ検事とユ捜査官は息抜きカップルでいいよねー。
シリアスだったりしてもこういうほっとできるシーンがあると助かる。
しかしやっぱりドンチが正当防衛で殺してしまったのかなぁ?
ドンチ父もなんか微妙なタイミングで自首してきちゃって。
段々???っていう部分もでてきてるけどまぁいいか。
ヨルムとは折角カップルになったというのにラブラブ度が少なくて寂しいわ。


スポンサーサイト

カテゴリ: 傲慢と偏見

[edit]

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tokotoko1919.blog.fc2.com/tb.php/1006-75fdf931
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)